カーネリアン

カーネリアン / Carnelian

カーネリアンは、カルセドニー/玉髄のなかで赤や橙色の、縞模様がないもの

モース硬度6.57

カーネリアン(carnelian)は、ラテン語で「肉」を意味する carnis に由来すると言われている。

カルセドニーの種類

カルセドニー/玉髄(ぎょくずい) 青系

ジャスパー/碧玉(へきぎょく) 斑点のある

アゲート/瑪瑙(めのう) 縞模様

ブラッドストーン/血石(けっせき) 緑に赤の斑点

クリソプレーズ/緑玉髄(りょくぎょくずい)グリーンアップル色

カーネリアン/紅玉髄(べにぎょくずい) 赤から橙色

フリント/燧石(ひうちいし) グレーから黒

赤・黄・茶・緑色

など

 

メノウとの区別

碧玉や玉髄などが層状になっているものがメノウであり、層状になっていない場合はメノウではない。例えばメノウの縞模様が見えない場合、メノウの一層だけを切り出した場合はすでにメノウではない。しかし宝飾業界ではあまり区別されず、碧玉や玉髄のことを「メノウ」と呼んだり、逆に例えば赤メノウを「カーネリアン」(紅玉髄)と呼んだりすることが多い(縞模様が見えないものがカーネリアンで、縞模様が見えるものは赤メノウである)。*Wikipedia:メノウより